催し物の紹介

2006年度の催し物15

小杉放菴記念日光美術館 特別企画

国際音楽の日記念『音楽展』
邦楽・洋楽コラボレーション2 山田令子+山田茂俊

2006年12月17日(日)  18時30分開演(17時30分開場)

◆場所     小杉放菴記念日光美術館エントランスホール
◆出演     山田令子(ピアノ)+山田茂俊(ヴァイオリン)

……チケット……

◆料金     1000円
◆発売場所   小杉放菴記念日光美術館
        日光市中央公民館(平ヶ崎)
        日光市日光公民館(御幸町)
◆発売期間   11月5日から12月16日まで
        (ただし、美術館と公民館の休館日は除きます)
◆定員      130名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

「国際音楽の日」

 平成6年に制定された「音楽文化のための学習環境の整備等に関する法律」(音楽振興法)により、「国民の間に広く音楽について関心と理解を深め、積極的に音楽学習を行う意欲を高揚するとともに、国際連合教育科学文化機関顕彰(昭和26年条約第4号)の精神にのっとり音楽を通じた国際相互理解の促進に資する活動が行われるようにするため、国際音楽の日を設ける」とされ、毎年10月1日を「国際音楽の日」 としています。

山田令子(ピアノ)

 栃木県立日光高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科を卒業。アメリカのルーズベルト大学で修士号を取得後、ディポールユニバスティのピアノ演奏研究科で学ぶ。在学中から数々のバロックアンサンブルのコンサートに出演。アメリカ各地でソロ、伴奏、室内楽の演奏活動を行ない、一九九六年にはシカゴ交響楽団でチェレスタを担当する。セントザビエル大学講師、シカゴシビックオーケストラなどを経て、現在はミシガン州カラマズーオーケストラの首席ピアニスト(鍵盤奏者)を務める。

山田茂俊(ヴァイオリン)

 6歳より才能教育でヴァイオリンを始め、桐朋学園大学を卒業後、オランダ王立ハーグ音楽院で学ぶ。卒業後、アメリカに渡り、ミシガン州アナーバーをはじめ、ダラス、カンザスシティー、ミルウォーキーなどのバロックオーケストラでソリストおよびコンサートマスターとして活躍。アメリカ各地の大学やオンタリオ・カナダで、スズキメソードの教育やバロックパフォーマンスのマスタークラスの指導を行なう。現在は、イリノイ州ウィネットカのシカゴ音楽院でヴァオリンの講師を務めている。

【新日光市誕生記念】

△top