展覧会の紹介

2006年度の展覧会7

所蔵作品撰 2007ii 水彩画で楽しむ日光の社寺

2007年2月17日(土)〜2007年4月1日(日)

小杉未醒(放菴)《東照宮・下神庫》

小杉未醒(放菴)《東照宮・下神庫》

◆会場     小杉放菴記念日光美術館
◆休館日    毎週月曜日
◆開館時間   午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
◆入館料    一般700(630)円、大高生500(450)円、中小生300(270)円
        ()内は20名以上の団体割引料金
◆主催     財団法人 小杉放菴記念日光美術館/日光市

 今回の所蔵作品撰では、小杉放菴(未醒)と、その師匠・五百城文哉をはじめ、河久保正名、河合新蔵、吉田博、丸山晩霞といった画家たちが、神橋や陽明門に代表される二社一寺(東照宮、輪王寺、二荒山神社)の建造物や、日光杉並木などの景観を、明治時代に描いた水彩画を御紹介いたします。
 描かれてから百年という歳月を経てなお、未だ色鮮やかにのこる水彩画の世界を楽しみながら、現在は世界遺産としても広く知られる「日光の社寺」をめぐってみてはいかがでしょうか。ぜひ、お出かけ下さい。

△top