日光霧降高原からアートを発信する工房やギャラリーが、
日頃の活動の成果を御紹介する〈キリフリ谷の藝術祭〉を、
今年もまた、日光の「輝きの季節」、6月に開催いたします。

2016年

キリフリ谷の藝術祭を開催するにあたって

(寄稿:小坂憲正)

地域を問わず個々に活動をしている作家が日光にも増えて参りました。

「これだけ面白い作家達がいるなら、皆で何か出来るのでは?」
という一声がきっかけで『キリフリ谷の藝術祭』が始まりました。

そして、毎年開催する度に確認し合う事があります。

それは大きな力に頼るのではなく、作家それぞれが智慧を出し合い、
長く継続できる民間主導の藝術祭を創ることです。

藝術からの発展は、現代社会が忘れかけている心の発展です。

『発展の始まりは藝術から』個々が協力し合い、
やがては地域全体に広がり豊かになることを期待して。

以下は、会場ごとの御案内です。

事務局/ペンション トロールの森・フィンチホール
グラススタジオ ポンテ
ステンドグラス作家 岡崎ひろみ
幾何楽堂
One Play-it
JR日光駅2階 ホワイトルーム/日光市郷土センター
三島屋(中山圭一)
飲食店関連
イベント関連

小杉放菴記念日光美術館は、〈キリフリ谷の藝術祭〉に協力しています。

キリフリ谷の藝術祭