語りぐさ

特別企画
日光出前寄席――落語の楽しみ

2010年2月27日(土曜日)    18時30分開演

古今亭志ん丸「ためし酒」
翁家和助  太神楽
古今亭志ん橋「抜け雀」

高座

美術館に寄せられたメールのひとつを御紹介します。

もちろん、御当人には了解をいただきました。

美術館  様

落語のお誘いをいただき、
ありがとうございました。
美術館で、『抜け雀』を
それも手抜きなしの、本寸法の噺が聴けて
最高でした。
寄席では聞けない、
この噺を2千円でしたら、
安い料金設定です。

古今亭一門の噺ですが、独演会でも
なかなか出会えない、
志ん生・志ん朝の言わば
十八番の噺を
志ん橋師匠独自のくすぐりを随所に入れ、
素晴らしい落語でした。

○○図書館 A.Y

主催者としては、催した甲斐があったというものです。

居合わせたことの幸せをかみしめなければいけません。

written by 樹上人

△top