小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

生誕150年 吉澤儀造とその時代

2019年11月9日[土]〜 12月22日[日]
 開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:毎週月曜日

 吉澤儀造(1869〜1903)は三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)で生まれ、若き小杉放菴も学んだ画塾・不同舎を中心に活動し、34歳で夭折した画家です。
 没後長い間、その名前は全くといっていいほど忘れ去られていましたが、旧日光市が小杉放菴についての調査をする過程で、不同舎へ入学するときに同伴した先輩として吉澤儀造の存在を知ったことをきっかけに、御遺族が保管されていた水彩画とスケッチを寄贈していただくことができました。これらの作品の中には、1899(明治32)年の初冬に日光で描かれた水彩画や、日光の杉並木を描いたスケッチも含まれており、吉澤儀造が日光を訪れていたことも明らかになりました。これらの作品は、1998(平成10)年に小杉放菴記念日光美術館で開催した「吉澤儀造――幻の画家展」で初公開され、好評を博しました。
 その後、改めて御遺族から、吉澤儀造や周辺作家による書簡等の資料も寄贈していただくことになり、これらを調査した結果、吉澤儀造が1901(明治34)年にも日光を訪れ、しばらく滞在していたこと、現在の鹿沼市や茨城県古河市などを巡っていたこと、さらに、次々と海外へ留学していく不同舎の仲間たちに刺激を受けて、志なかばで病死するまでヨーロッパへの強い憧憬を抱いていたことなどが明らかとなりました。
 その緊張感のある構図と確かなデッサン力に裏付けられた克明な描写、そして刺激的な色彩が織りなす、写実的とも幻想的ともいえる吉澤儀造の絵画世界は、制作されてから100年以上を経た現在でも少しも色褪せることがなく、見る者を魅了してやみません。
 生誕150年を迎えるこの回顧展では、当館が所蔵する吉澤儀造の作品40点余りを中心に、小杉未醒(放菴)、河合新蔵、中川八郎、吉田博など、周辺画家の作品も交え、その知られざる創作活動の全貌に迫ります。

紹介ページを見る

催し物

<生誕150年 吉澤儀造とその時代>展担当学芸員によるギャラリー・トーク

2019年11月17日[日]、12月21日[土]
 各午前11時より(1時間程度)

企画展<生誕150年 吉澤儀造とその時代>の開催に合わせ、担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。

紹介ページを見る

展覧会

世界遺産登録20周年記念
Born from NIKKO!
―自然といのりから生まれた名品たち

2020年1月1日[水・祝]〜2月16日[日]
開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:毎週月曜日(祝日は開館し、その翌日を休館)
     年始休館 1月6日[月]〜8日[水]

 現在、国内外から多くの人々が訪れる観光地・日光。山岳信仰の拠点として、徳川家の霊廟として信仰を集める「いのり」の地であった日光は、多くの参拝客で賑わったものの、明治期に神仏分離を命じられたことにより、衰退の危機に瀕します。そのような中、アーネスト・サトウら日光を訪れた外国人が、絢爛な社寺や豊かな自然を見出したことにより、観光地としての道を歩み始めることとなります。
 また、この頃の日本では洋画が大きく発達しましたが、日光においても、旅の果てにこの地に定住した五百城文哉(1863-1906)や、その弟子の小杉放菴(1881-1964)が中心となり、独自に発展を遂げました。特に、外国人観光客に向けて制作された社寺を描いた「おみやげ絵」からは、黎明期の洋画と日光の「観光地」としての始まりの様子をうかがい知ることができます。
 もう一つ、日光の美術を知る上で欠かせないのが、「国立公園絵画」です。1934(昭和9)年、日光は国立公園の指定を受けますが、そもそも、この制度は、明治時代に当時の日光町が帝国議会に請願をしたことがきっかけに定められたものでした。その普及のために制作された国立公園絵画は、藤島武二や梅原龍三郎など当時を代表する画家たちが手がけ、約80年の歳月を経て、全80点が完成。近代洋画の流れを追うことのできるこの貴重なコレクションは、2012(平成24)年に当館に寄贈されました。
 このように、近代の日光では多くの優れた画家や作品が生まれましたが、現代もその流れは止まることはありません。現代の洋画壇を代表する画家に、入江観(1935-)が挙げられます。日光に生まれた彼は、幼い頃から絵画に親しみますが、その背景には小学校の先輩である放菴や、小中学校の恩師が中心となって発足した絵画グループ・青光会といった、豊かな環境がこの地にあったためと言えるでしょう。
 世界遺産登録から20年を迎えた今、近代から現代に至る「自然」と「いのり」から生まれた絵画の名品をご紹介します。

紹介ページを見る

その他

料金改定のお知らせ

2019年10月1日からの消費税率引き上げにともない、同日より小杉放菴記念日光美術館では入館料が次のように改定となります。

  一般 720円→730円
  20名以上の団体料金 640円→650円
  大学生 510円から変更なし
  高校生以下無料

また、隣接する神橋駐車場の駐車料金も次のように改定となります。

  大型バス・トラック 1,540円→1,560円
  マイクロバス 720円→730円
  普通乗用車 510円から変更なし
  二輪車 150円から変更なし

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について