小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

放菴、ものがたりを描く

2018年4月14日[土]〜6月24日[日]

休館日=毎週月曜日

開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

※5月21日(月)に10点前後の展示替を行います。

 この度、小杉放菴記念日光美術館では、所蔵作品展「放菴、ものがたりを描く」を開催いたします。
 後半生に《金太郎》や《花咲》など、見る者の心を明るくする日本画を描いたことで知られる小杉放菴(1881-1964)は、未醒と名乗った青年時代から、洋画を学ぶ傍ら、日本や中国の故事を題材とした日本画を描き、さらには漫画家や挿絵画家としても活躍するなど、まさに「ものがたり」は生涯を通して描き続けた画題の一つでした。
 30歳のときに、文部省美術展覧会で最高賞を受賞した未醒(放菴)は、洋画家としての将来を嘱望され、ヨーロッパに留学しますが、パリで池大雅の『十便帖』の複製を見たことが契機となり、東洋的画題に開眼します。帰国後は、再興日本美術院に洋画家としてただ一人参加。院展では、中国の故事や神話を題材にした《黄初平》や《飲馬》などを出品し、新たな油彩画の境地を開きました。その後も東洋的傾向を強め、中国の「ものがたり」を題材とした日本画を精力的に制作します。
 しかし、終戦後は、金太郎や花咲爺などの日本のおとぎ話の登場人物や、良寛や松尾芭蕉、大伴旅人などの実在した人物を描いた、いわゆる「日本的道釈人物画」へと画題が変化します。その理由としては、おとぎ話の登場人物や、日本の古きよき時代に活躍した人物を描くことによって、敗戦後の日本を明るくしようという放菴の「使命感」があったためと考えられます。
 このように、生涯を通して描かれた「ものがたり」の作品は、画家の人生と密接に関わった特別な作品群と言えます。そこで、本展では、放菴が青年時代から晩年にかけて描いた中国や日本の「ものがたり」を描いた油彩画・日本画の他、漫画や挿絵を列べ、画風の変遷を放菴自身の「物語観」の変化と共に追います。

紹介ページを見る

催し物

〈放菴、ものがたりを描く〉展
担当学芸員によるギャラリー・トーク

2018年4月14日[土]、4月22日[日]、5月12日[土]、5月20日[日]、6月9日[土]、6月24日[日]

各午前10時より(1時間程度)

〈放菴、ものがたりを描く〉展の開催に合わせ、担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。

紹介ページを見る

催し物

沼尾みゆきコンサート in 日光

2018年5月26日(土)
  開場=午後5時30分
  開演=午後6時30分

宇都宮市出身でとちぎ未来大使を務める沼尾みゆきさんのコンサートを開催します。
沼尾さんは、東京藝術大学音楽部声楽科卒業後、二期会オペラスタジオを経て1998年「四季劇場開場記念オーディション」に合格し、劇団四季に入団しました。
劇団四季では、『オペラ座の怪人』クリスティーヌ役、『ミュージカル李香蘭』タイトルロール、『サウンド・オブ・ミュージック』マリア役、『美女と野獣』ベル役など数々の作品にヒロインとして出演し、安定した歌唱力と豊かな演技力で高い評価を得ています。
2011年に劇団四季を退団後も、ミュージカルや舞台をはじめ、テレビ番組にも多数出演し、幅広い分野で活躍をされている沼尾さんの歌声を、美術館でお楽しみください。

●出演
沼尾みゆき 氏
菊地由記子 氏(ピアノ)

●曲目
Think of Me(『オペラ座の怪人』より)
Amazing Grace
ほか

紹介ページを見る

展覧会

2018年度上半期展覧会スケジュール

小杉放菴記念日光美術館において、2018(平成30)年度上半期に開催される
展覧会のスケジュールです。
皆様のご来館を心よりお待ちしています。

■放菴、ものがたりを描く
  会期:2018年4月14日[土]〜6月24日[日]

■創立99年 日本美術の精華 日本芸術院所蔵作品名品展
  会期:2018年7月14日[土]〜9月9日[日]

■美人画の四季 培広庵コレクション展
  会期:2018年9月15日[土]〜11月11日[日]

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について