小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

生誕100年 斎藤博之 絵本のしごと

2020年2月22日[土]〜4月5日[日]
 開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:毎週月曜日(祝日は開館し、その翌日を休館)

 躍動感あふれる馬の姿を描いた油彩画や、飄々とした河童の世界を描いた水墨画、自らの戦争の体験に基づく兵士たちを描いたペン画など、幅広いテーマの作品を手がけ、洋画家であり、水墨画家としても活躍した斎藤博之。彼の画業を語る上で、もう一つ欠かせない作品が、伸びやかな線と、豊かな色彩で描かれた絵本の原画の数々です。

 斎藤博之は、1919(大正8)年、旧・満州国の奉天市(現在の中華人民共和国遼寧省瀋陽市)に生まれました。1939(昭和14)年に上京し、帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)西洋画科に入学。在学中に一度は独立展に出品して入選しましたが、それ以降は、どの美術公募団体にも所属することなく、1987(昭和62)年に67歳で亡くなるまで、個展を中心に制作を続けました。

 そのような活動の傍ら、1940年代末頃から手がけるようになった絵本の原画や挿絵の仕事は、晩年まで続き、斎藤の絵が掲載された、絵本をはじめとする児童書や雑誌の数は、現在確認できるだけでも300冊近くにのぼります。

 また、1971(昭和46)年には、斎藤が原画を描いた絵本『しらぬい』(たかしよいち作・岩崎書店)が第2回講談社出版文化賞の絵本賞を受賞。その翌年には、絵本『がわっぱ』(たかしよいち作・岩崎書店)ほか一連の作品によって第21回小学館絵画賞を受賞しています。さらに、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクール「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」への日本からのノミネート作品として、1973年(昭和48)年に『がわっぱ』、1975(昭和50)年には『カッパと三日月』(佐藤さとる作・あかね書房)の原画が2回連続で選ばれました。これらの業績により、斎藤は絵本作家としても高い評価を受けています。

 斎藤にとって、絵本や挿絵の仕事は、生活の糧を得るための手段でしたが、依頼を受けて描くという制約の多い作業なかで、苦労を重ねながらも、これまでの画業で得た技術を活かしながら、見るものをその世界へと誘う、味わい深い作品を紡ぎだしました。

 当館では、2007(平成19)年度にご遺族より、油彩画をはじめ日本画、ペン画、絵本原画といった数々の作品を寄贈いただき、翌年に「孤高の画家 斎藤博之−洋画と日本画と」展を開催して好評を博しました。そして今回は、斎藤博之の生誕100年を記念して、当館のコレクションのなかから、15タイトルにわたる絵本の原画を中心に紹介することで、絵本作家としての活動に迫ります。

紹介ページを見る

催し物

<生誕100年 斎藤博之 絵本のしごと>展
担当学芸員によるギャラリー・トーク

2020年2月29日[土]、3月20日[金・祝]
 各午前11時〜正午および午後2時〜3時

コレクション展<生誕100年 斎藤博之 絵本のしごと>の開催に合わせ、
担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。

紹介ページを見る

催し物

小杉放菴記念日光美術館 第153回演奏会
石見玲奈×大嶋浩美 ジョイント・リサイタル

2020年4月25日[土]
  開場=午後5時30分
  開演=午後6時00分

 日光市出身で、現在、とちぎ未来大使・日光観光大使を務めているピアニストの大嶋浩美氏と、兵庫県出身のマリンバ奏者・岩見玲奈氏がジョイント・リサイタルを開催いたします。


●曲目
・伊福部昭《ラウダ・コンチェルタータ》
・黛敏郎《シロフォン・コンチェルティーノ》
・リスト《愛の夢》
・リスト《リゴレット・パラフレーズ》
・アイルランド民謡(編曲 石見玲奈)《ロンドンデリーの歌》
・サラサーテ《チゴイネルワイゼン》
ほか

紹介ページを見る

催し物

第15回 日光鉢石宿のおひなさま

2020年2月11日[火・祝]〜3月3日[火]

 ※2月17〜21日の期間は展示替休館となります。

 弥生祭を前に「日光鉢石宿のおひなさま」が今年も開催され、当館も参加いたします。このイベントは、日光街道の最終宿場町だった鉢石宿のにぎわいを取り戻そうと、2007年から始まりました。JR日光駅から西参道までの通りぞいの商店や個人宅約170軒にひな人形が飾られ、皆様をもてなします。
 小杉放菴記念日光美術館では、例年通りエントランスホールで飾っておりますので、ぜひ展覧会とあわせてご覧ください。

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について