小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

開館20周年記念
入江観 故郷―日光を描く

2017年9月16日[土]〜11月5日[日]

休館日=毎週月曜日(祝日のときは開館し、その翌日を休館)

開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 小杉放菴記念日光美術館では、入江観の、日光では13年ぶりとなる個展を開催いたします。
 入江観は1935(昭和10)年、栃木県日光町(現・日光市)に生まれました。1953(昭和28)年に東京藝術大学美術学部藝術学科へ入学後、加山四郎に学び、在学中の1956(昭和31)年には第33回春陽会展に初入選、同会の研究所で岡鹿之助、三雲祥之助らの指導を受けました。 春陽会の創立に関わった小杉放菴が日光の出身であり、小学校の先輩でもあったため、少年時代から放菴の名前と春陽会の存在を強く意識していたといいます。
 1962(昭和37)年、フランス政府給費留学生として渡仏。 フランス国立高等美術学校でモーリス・ブリアンションに師事し、セザンヌの作品を見るために足繁く印象派美術館へ通い、サロン・ドートンヌにも出品しました。 1964(昭和39)年に帰国後、春陽会会員に推挙。 1967(昭和42)年に、勤務先であった女子美術短期大学の茅ヶ崎校舎開校にともない、茅ヶ崎に転居し、海辺の光景を描くようになります。以後も旺盛な制作活動を続け、毎年の春陽会展に出品。 同会を牽引していく立場となり、公立美術館で個展が開催されるなど実績を重ね、現在も女子美術大学名誉教授、日本美術家連盟理事として、美術界の第一線で活躍しています。
 広く青い空や、彼方に見える水平線が印象的な、“茅ヶ崎の画家”というイメージの強い入江観ですが、ここ10年ほどは故郷・日光を精力的に描いてきました。 本展では、画家が愛する日光の風景を描いた、旧作から最新作までを一堂に会し、入江観にとって、故郷とは、日光とは何なのかを問い直すことで、「蒼天の画家」と呼ばれるこの画家の、新たな魅力に迫りたいと思います。

紹介ページを見る

催し物

ワークショップ「入江先生とスケッチに行こう!」

講師:入江観 氏(画家、春陽会会員・女子美術大学名誉教授)

2017年10月28日(土)
午前10時より(2時間程度)

「開館20周年記念 入江観 故郷―日光を描く」展に合わせ、入江観氏と一緒に、美術館周辺の風景をスケッチするワークショップを開催します。
 入江氏にとっても、初めて実施する貴重なワークショップにもなります。子どもから大人まで楽しめますので、ぜひ、お気軽にご参加ください。

紹介ページを見る

催し物

ザ・ビートルズ アナログレコードコンサート

2017年11月3日[金・祝]
  開場=午後5時15分
  開演=午後5時30分

  選曲=新部公亮 氏(県民の森マロニエ昆虫館)
  協力=金子好治 氏

 小杉放菴記念日光美術館では、オーディオ・スピーカーによる音楽を楽しむ集いを開催いたします。
 ザ・ビートルズのシングルヒット曲をまとめたアルバム「1」を取り上げ、今回は、リマスター(再編集)されたアナログレコードを「TANNOY(タンノイ)」と「BOSE(ボーズ)」、2つのスピーカーで鑑賞します。時間内でリクエストにもお応えしますので、ぜひご来館ください。

紹介ページを見る

催し物

Cantare カンターレ〜ソプラノとテノールを迎えて〜

2017年11月26日(日)
 開場=午後5時15分
 開演=午後6時00分

日光市出身のヴァイオリニスト渡辺朋子氏が、気鋭の若きソプラノ歌手・田中世怜奈氏とテノール歌手・佐々木洋平氏、ピアノに斎藤誠二氏を迎えて、美術館で演奏会を開催します。歌とヴァイオリンの華やかな饗宴をお楽しみください。

●出演
渡辺朋子氏(ヴァイオリン)
田中世怜奈氏(ソプラノ)
佐々木洋平氏(テノール)
斎藤誠二氏(ピアノ)

●曲目
Cantabile/パガニーニ(Vn.)
Il bacio/アルディーティ(Sop.)
Go,lovely Rose/クィルター(Ten.)
さびしいカシの木/木下牧子
オペラ《愛の妙薬》ハイライト/G.ドニゼッティ

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について