小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

平木コレクション 木版画で旅するにっぽんの風景
―吉田博と川瀬巴水を中心に―

2019年7月13日[土]〜9月8日[日]
  休館日=毎週月曜日(祝日・振替休日のときは開館し、翌日を休館)
  開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 雄大な山々、果てしない海、澄んだ川や湖、そして自然と調和する寺社。日本の美しい風景は、今もなお人々を魅了します。
 古くから愛された日本の風景ですが、大正から昭和初期にかけて、日本人の風景観は大きく変わりました。まず、これまで「信仰」の対象であった山は、西洋から登山文化が移入されたことにより、「美」の対象となったほか、1927(昭和2)年には、「日本新八景」が投票によって選出されるなど、新しい時代にふさわしい風景美が人々に求められました。また、1923(大正12)年の関東大震災から復興した東京には、新たにコンクリート建築が建ち並び、街並みは大きく変わりました。
 さらにこの時期、衰退の危機に瀕した木版画界に、二つの新たな動きが起こります。まず、版元・渡邊庄三郎は、伝統的な浮世絵版画の技術を活かしつつも、絵師に気鋭の画家を起用することにより、現代的エッセンスを加えた「新版画」を生み出しました。吉田博と川瀬巴水は渡邊のもとで絵師を務め、優れた風景版画を世に送り出しました。もう一つ挙げられるのは、「創作版画」です。下絵・彫り・摺りを全て一人の画家が行なうのが特徴で、画家の個性が存分に表われています。
 本展は、平木浮世絵財団が所蔵する吉田博と川瀬巴水の新版画を中心に、多くの画家たちが手がけた創作版画を一堂に会し、「山・水・寺社・東京」の四つの視点から、日本の風景美と大正から昭和初期にかけての木版画の新たな動きを追います。

紹介ページを見る

その他

7月28日[日]は、親子の日

小杉放菴記念日光美術館は、「親子の日」をサポートします。

当日にかぎり、お子様(高校生以下)をお連れであれば、お子様お一人につき保護者様2名まで、全員入館料無料となります。

駐車料金は別途かかりますが、ショップやカフェご利用の方は、2時間まで払い戻しとなります。

ぜひこの機会に、日光の美術館にご家族でお立ち寄りください。

紹介ページを見る

催し物

日光キャンパス 文星芸術大学公開講座
「名画で学ぶ主婦業〜名画に託された主婦のつぶやきと名画が紡ぐメッセージ〜」

講師:田中久美子 氏(文星芸術大学副学長)

2019年7月28日[日]
午後4時〜5時30分

 文星芸術大学の公開講座を開催いたします。
 今回は、名画に託した主婦たちのつぶやきを紹介し、こうした名画の楽しみ方の背景にある日本の文化を考えます。また、こうした名画の数々に託された本当の意味や見方を解説します。

紹介ページを見る

催し物

夏休みワークショップ
「ダンボールハウスをつくろう!」

講師:美術館学芸員ほか

2019年7月28日[日]
午前10時〜正午

 ダンボールの家を組み立てながら、絵を描いたり、色を塗ったり、小物を貼り付けたりと、自分だけのオリジナルハウスを作ります。
 今年の夏は、あなたの夢の家をかたちにしてみませんか。ぜひ、ご参加ください。

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について