小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

開館20周年記念
小杉放菴 コレクション名品撰

2017年4月8日[土]〜6月25日[日]

休館日=毎週月曜日(4月17日は特別開館)

開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 1997(平成9)年10月に開館した小杉放菴記念日光美術館は、今年、開館20周年を迎えます。この記念展の第1弾として、開館以来収集してきた小杉放菴作品の数々から厳選した逸品を、当館コレクションの原点である小杉放菴の寫生画コレクションとあわせてご紹介いたします。
 日光に生まれた小杉放菴は、少年時代に五百城文哉の内弟子となって洋画の基礎を学びました。そして上京後、画塾・不同舎での研鑽、従軍記者としての日露戦争派遣、新聞・雑誌での漫画の仕事といった経験を積み、文部省美術展覧会(文展)で受賞を重ねる、新進気鋭の洋画家として注目される存在となりました。
 しかし、1913(大正2)年から翌年にかけてのヨーロッパ巡遊中、東洋に帰るべき道を見出したことは、画家としての価値観を変える大きな出来事でした。帰国後、横山大観に誘われ、再興された日本美術院に参加して洋画部を主宰。同院脱退後、1922(大正11)年には今も続く洋画団体・春陽会を結成し、リーダー的存在として活躍しました。美術史上ではここまでの小杉放菴の名は、洋画家として強く記憶されていましたが、じつはこの間にも数多くの日本画を描いており、それは、ときに日本美術院の画家たちにも影響を与えたのではないかと指摘されるほどの、独学とは思えない質の高さを持っていました。単純に洋画時代、日本画時代と割りきることの出来ない点に、小杉放菴の美術史的な位置づけの難しさがあり、また、魅力が秘められているともいえるでしょう。
 今回の展覧会では、こうした小杉放菴の明治・大正期の知られざる逸品から、その代名詞ともいえる昭和期の花鳥画や道釈画の数々により、小杉放菴の魅力を伝えたいと思います。なお本展では、滋賀県・ソウ見寺寄託の襖絵のうち、名品と名高い《閑庭春禽》《山行》《石上》を公開いたします。

紹介ページを見る

展覧会

開館20周年記念 絵本の系譜IV
安野光雅
ふしぎな絵本の世界展

2017年7月15日[土]〜9月10日[日]

休館日=毎週月曜日(祝日のときは開館し、その翌日を休館)

開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 小杉放菴記念日光美術館では、「絵本の系譜」シリーズと題して、美術作品としての絵本の魅力を紹介する展覧会を定期的に開催しています。その第4弾として「開館20周年記念 絵本の系譜IV 安野光雅 ふしぎな絵本の世界展」を開催いたします。
 1926(大正15)年、島根県津和野町に生まれた安野光雅氏は、絵本を中心に半世紀にわたって子どもたちに夢の世界を贈り届けてきた画家として知られています。
 本展では、安野氏の故郷・津和野町にある安野光雅美術館のご協力のもと、数学雑誌『数理科学』の表紙絵「空想工房の絵本」をはじめ、同じく雑誌『しぜんのくに』の表紙を飾った「おたより」のほか、美しい風景を旅する『旅の絵本』シリーズや、絵本『おおきなもののすきなおうさま』などの原画90点を紹介します。
 美術をはじめ、数学、科学、文学といった幅広い分野に造詣の深い安野氏による、柔らかな色彩と細やかな描写によって紡がれた、美しく、ふしぎな世界をどうぞお楽しみください。

紹介ページを見る

催し物

安野光雅 ふしぎな絵本の世界展
ゲスト・ギャラリートーク

講師:廣石 修氏
(津和野町立安野光雅美術館 學藝専門員)

7月15日[土]
午前10時30分から

〈開館20周年記念 絵本の系譜IV 安野光雅 ふしぎな絵本の世界展〉の開催にあわせ、島根県津和野町にある安野光雅美術館の學藝専門員である廣石修氏に、長年にわたり多くのファンを魅了して止まない安野光雅の魅力の秘密について、作品を前に語っていただきます。

紹介ページを見る

催し物

夏を楽しむワークショップ
「世界に一匹のカブトムシとクワガタを作ろう!」

講師:山川隆志 氏(木彫り作家)

7月23日[日]
午前9時30分から12時30分

木彫り作家さん手作りの木工キットに、自由に色を塗って組み立て、オリジナルのカブトムシかクワガタを作ります。
大きさはこどもの手のひらいっぱいくらいで、本物そっくり。ツノも足も動きます。

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について