小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

開館20周年記念
小杉放菴 コレクション名品撰

2017年4月8日[土]〜6月25日[日]

休館日=毎週月曜日(4月17日は特別開館)

開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 1997(平成9)年10月に開館した小杉放菴記念日光美術館は、今年、開館20周年を迎えます。この記念展の第1弾として、開館以来収集してきた小杉放菴作品の数々から厳選した逸品を、当館コレクションの原点である小杉放菴の寫生画コレクションとあわせてご紹介いたします。
 日光に生まれた小杉放菴は、少年時代に五百城文哉の内弟子となって洋画の基礎を学びました。そして上京後、画塾・不同舎での研鑽、従軍記者としての日露戦争派遣、新聞・雑誌での漫画の仕事といった経験を積み、文部省美術展覧会(文展)で受賞を重ねる、新進気鋭の洋画家として注目される存在となりました。
 しかし、1913(大正2)年から翌年にかけてのヨーロッパ巡遊中、東洋に帰るべき道を見出したことは、画家としての価値観を変える大きな出来事でした。帰国後、横山大観に誘われ、再興された日本美術院に参加して洋画部を主宰。同院脱退後、1922(大正11)年には今も続く洋画団体・春陽会を結成し、リーダー的存在として活躍しました。美術史上ではここまでの小杉放菴の名は、洋画家として強く記憶されていましたが、じつはこの間にも数多くの日本画を描いており、それは、ときに日本美術院の画家たちにも影響を与えたのではないかと指摘されるほどの、独学とは思えない質の高さを持っていました。単純に洋画時代、日本画時代と割りきることの出来ない点に、小杉放菴の美術史的な位置づけの難しさがあり、また、魅力が秘められているともいえるでしょう。
 今回の展覧会では、こうした小杉放菴の明治・大正期の知られざる逸品から、その代名詞ともいえる昭和期の花鳥画や道釈画の数々により、小杉放菴の魅力を伝えたいと思います。なお本展では、滋賀県・ソウ見寺寄託の襖絵のうち、名品と名高い《閑庭春禽》《山行》《石上》を公開いたします。

紹介ページを見る

催し物

開館20周年記念
小杉放菴 コレクション名品撰
担当学芸員によるギャラリー・トーク

【日時】
2017年5月20日[土]
2017年6月24日[土]
各時間=午前11時から(1時間程度)

〈開館20周年記念 小杉放菴 コレクション名品撰〉の開催に合わせ、展覧会の担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。     

紹介ページを見る

催し物

演奏会「ネーデルランドのリュート音楽」

2017年6月10日(土) 午後5時30分開場・6時30分開演

 中世ヨーロッパで親しまれた楽器・リュートの音色を楽しむコンサートを〈キリフリ谷の藝術祭〉の一環として開催いたします。
 「ネーデルランドのリュート音楽」と題し、世界的リュート演奏者・佐藤豊彦氏の演奏をはじめ、音域の違うリュートの組み合わせによるリュートアンサンブルを聞くことができるコンサートです。ぜひ、ご来館ください。

●出演
佐藤豊彦氏(アルトリュート)
佐藤美紀氏(トレブルリュート、アルトリュート)
櫻田 亨氏(バスリュート)

紹介ページを見る

催し物

開館20周年記念講演会 「小杉放菴の東洋回帰」

講師:出光 佐千子 氏
(青山学院大学准教授、出光美術館学芸員)

2017年6月17日[土]
午後1時30分〜

日本洋画界の将来を担う画家として期待されながら、なぜ小杉放菴の画業は日本画中心へと変わっていったのか。
近世・近代の美術史に精通した気鋭の研究者に、その秘密をわかりやすく語っていただきます。

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について